君とともに過ごす余生

長々と語りたいセンチメンタルオタク

SixTONESの4周年とSnow Manの7周年

 

 

2019.05.01

SixTONES結成4周年おめでとう

そして令和初日に大阪公演おめでとう

f:id:tyun17s:20190503063922j:image

 

 

平成終盤、たくさんのことがありました。

SMAP解散に始まり、事務所はとてもごちゃごちゃして、私の推し達も卒業、増員たくさんのことがありました。

急激になにわ男子の露出が増えて、平成最後に美少年の米進出が発表されて、Jr.界隈も全然落ち着かないね。

 

それでも、私は信じてます。

事務所が誰を推そうとも、社長が誰を気に入ろうとも、SixTONESは自らの力で自らの道を切り開くグループだと思ってます。

14年ジャニーズを見てきました。どの時代にも事務所の推し、社長の推しは存在しました。でも、事務所や社長の推しが必ずしも売れるわけでも常に天下を取れるわけでもないと知ってるから、結局はメンバーとファンが力を合わせてひとつひとつ丁寧に積み上げたものが天下を取る、そう信じてます。

私の推し、関ジャニ∞は事務所に干されて仕事も売上も少なかったけど、がむしゃらに頑張ってきて7年目に初五大ドームを迎え、今や毎年五大ドームを成功させ世間的には嵐に次ぐグループになりました。

別に関ジャニ∞に重ねてるわけでも、同じ道を辿るとも思ってないけど、だけど、SixTONESはそれ以上に行ってくれるんじゃないかと思ってます。

 

勝手に期待してごめんね。

いつも過剰な期待を寄せちゃってごめんね。

今回、5/1のライブ配信を見て、最後のみんなの表情に思わず泣いてしまいました。

勝手な想像でしかないけど、6人もどこかで期待してたんじゃないかな。何か、何かあるんじゃないかって。

待ってるからね。ずっとずっと声上げてお金出して再生回数あげて、ファンとして出来ることを全てやって待ってるからね。

私達ファンが待つって言っても、みんなの中では時間がない、今回がラスト、っていう焦りがあることも知ってます。それでも待ってます。信じて待つことしか出来ないから。

 

6人で一緒にいる機会が増えてたくさんご飯行くようになって、YouTubeで露出が増えてたくさんSixTONESを知る人が増えてきて、スト担もたくさん力を合わせてて。

きっとスト担が思ってる以上に、メンバーが一番、今だ!って思ってるんじゃないかな。

だから、私達も出来る限りのことをするから、6人も頑張って。もう充分頑張ってるだろうけど、どうか踏ん張って。SixTONESとスト担で明るい未来を勝ち取ろうね。

 

 

なんてしっとり書いたけど!要はSixTONESが大好きです!!

6人でふざけあったり笑い合ったりしてるところも、べったべたに仲が良いわけじゃないのにそれぞれがメンバーを好きでいるところも、末ズのボケにすぐ丸くなって笑っちゃうところも、アイランドTVの更新頻度が群を抜きすぎてるところも、MCが長すぎるところも大好きです!

1人1人が自分の個性を磨き上げて作り上げるパフォーマンスも、6人バラバラの個性なのにぶつからず毎回最高のSixTONESらしさを見せてくれるところも、6人が同じSixTONESらしさを抱いてくれてるところも、紆余曲折あって今6人がSixTONESを最強と思ってくれてるところも大好きです!!

 

アイドルになってくれてありがとう。

10年以上続けてくれてありがとう。

SixTONESに誇りを持ってくれてありがとう。

ファンに元気と幸せをくれてありがとう。

 

これからも、きっと辛いこと悲しいこと悔しいこと苦しいこと、たくさんたっくさんあると思います。

でも、それ以上にたくさんたっっくさんスト担と笑い合おうね。

ずっとずっと大好きです。

貴方達と出会えてよかった。6人が悩む姿、みんなで笑い合ってる姿、そしてこれから歩んでいく未来が見られることが幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.05.03

Snow Man結成7周年おめでとう


f:id:tyun17s:20190504154344j:image

f:id:tyun17s:20190504154348j:image

 

 

今年に入って突然の増員が発表されて、たくさん泣きました。

なんでSnow Manなんだろう、なんで本人達の意思が何も伝わってこないんだろう、なんで、6人じゃダメだったんだろう。昔、6人じゃなきゃダメだって言ったふっかの言葉を揺るがすようなことを大人に言われたんだろうか。

マイナスなことばかり浮かんで、毎日毎日沈んで、もう変えられない未来が来ることに嘆いてばかりでした。

 

6人も同じ気持ちだったのかな。

6人もたくさん悩んで嘆いて、たくさん話し合ってステージに立つことを決めたのかな。

みんながどことなく焦っていたのは感じていたけど、増員は自分達でも想像してなかったんじゃないかな。

他の私の推してきたどのグループよりも、弱味や弱音や悩みを言葉にしてくれない人達だから、全て想像することしか出来ないけど、たくさんたくさん悩んでSnow Manを守ってくれてありがとう。ステージに立つと覚悟を決めてくれてありがとう。

 

6人が大好きでした。

6人の空気感が大好きだし、ほとんど同い年なのになぜか年上組年下組があるところも、みんなでにこにこしてるところも、でもパフォーマンスは他のJr.を寄せ付けないくらい常にストイックで完成されてるところも、シンメも、大好きでした。

今だって大好きです。

シンメが垣間見えると嬉しくて泣きそうになるし、6人の頃のYouTubeを見ると切なくて泣きそうになるくらい大好きです。

それでも、例え9人になったのが大人の事情だったとしても、6人がSnow Manを守ると決めたなら、6人がステージに立ち続けると決めたなら、深澤さんがステージに立つこと、Snow Manでいることに人生を賭けたなら、私はSnow Manを応援し続けるし愛し続けます。

 

9人になって、まだまだ歪ですね。

9人のチームワークもパフォーマンスもそして新しいSnow Manらしさも、全部今模索中なんだろうなと感じます。

たくさんの時間を共有して、たくさん話してたくさん喧嘩してたくさん笑って、いつか大きな綺麗な花を咲かせてくれる新しいSnow Manを楽しみに待ってます。

Snow Manという名を世に轟かせてくれることを、楽しみに待ってます。

 

改めて言わせてね。

6人のSnow Manも9人のSnow Manも大好きです。

ずっとずっと応援してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

昔、デビュー前のえびきすを推してた頃、高校生だからデビューするのは当たり前だと思っていて、さらにはえびきすという括りが好きで2組がライバルという意識も薄くて。(なんならえびきすのーまんという括りが好きだった)

だから、デビュー後にえびきすという括りがなくなってしまったこと、2組に差が出てしまったこと、全て悲しくて受け入れられなかった。

今スノストを掛け持ちして、たぶん昔以上に焦りや不安、ショックを受けるだろうなと思ってます。

だってもうすでに平等じゃないから。

 

でも進むスピードも進む道もチャンスのタイミングも全部違うとしても、その差に時に焦ったり悲しくなったりしたとしても、私はSixTONESSnow Manもどちらもずっとずっと大好きです。

例え花開くタイミングが違ったとしても、色も形も違っても、SixTONESSnow Manも大きくて綺麗な花を咲かせてくれることを信じて、楽しみに待っています。

15人のこれからに多くの笑顔と幸せが訪れますように

 

 

f:id:tyun17s:20190504185256j:image
f:id:tyun17s:20190504185253j:image